話すのが、苦痛なのではない。むなしいのだ。このやるせなさを、誰もわかってくれないのだろう。