言行不一致になりかねないので、ものが言えなくなる。結局、やる気のないことは「する」と言えない。信頼されない結果は同じなのだろう。出来ることはしている、ということの評価が欲しい。何でも出来ると思われたくないのです。