蘊蓄や講釈は聞きたくない。純粋に心のままにアートを感じていたい。旋律の中に身を委ねていたい。
テレビも新聞も信用できない。何が真実なのか、今必要なことは何か、そこに答えは示されていない。