夏が来た

夏の朝はゆっくり時が流れ、昼間の暑さは吐き気を催し、寝苦しき夜には厭世的になる。心臓に負担がかかっている。