ある時は変化の必要性を、ある時は継続の必要性を。他人のことは言いたい放題、自分のことは棚にあげ。結局は自分で決めた通りに生きるしかない。