子どもは今に生きている。今にしか生きていない。大人は過去を悔い、未来に怖れを抱いている。今という時世に生きていないのではないか。今を忘れていはしないか。出来ることなら今に生きたい。過去を忘れ、未来の不安を構えずに生きていたい。