労られる側

労る側から労られる側の人になりつつある。それも人生。