「オカネとウソの論理学」柳澤賢仁(ライブリー・パブリッシング)
分かりやすい。思考過程が丁寧に書き込まれている。素直でありたいものだ。