慎独

情報過多に鈍感

情報がぜんぜん来ないのも困るが、有りすぎて重要性が薄れても良くない。

花の美しさは

花が美しく咲くのは、人の目を楽しませるためではないでしょう。その植物の命永らえるために、人は何の役にも立っていない。せめて邪魔しないように、と願うばかりだ。

刹那的

今だけ自分だけ良ければ、という考えは間違っている。刹那的すぎる。 菓子が底をつく。食料も在庫がない。

ひび割れ

冬でもないのに、親指先がひび割れ気味になっている。 アイスクリームの誘惑に負ける。身体に悪いことは、得てして、精神的に心地よい。

キレイか汚いか

キレイと思っていてもわりと汚くて、汚いと感じていてもそれほど汚くもなかったりする。意識に潜む、普通だとか常識だとかの思い込みは疑ってかかるべきなのだろう。 誕生日で運命が決まっているとか、血液型で性格が決まっているというのはいい加減な推論で…

物体の劣化

物は劣化する。充電回数とか、洗濯回数などをくり返すことにより。このボディも紛れもなくすり切れてゆく。 指であったり口の廻りで何だか味を感じる。甘いような、汚れているような。

食べる寝る

食べては寝る。ただそれだけのことのようなのに、何だか気むずかしい。生きてゆくことに今更ながら考え込んでしまう。 貧しくても、あまりお金をかけなくても工夫次第で豊かな食生活にすることが出来るらしい。 眠って忘れることができるならハッピーだ。安…

有名と言ったって

世界的に有名と言ったって、ヨーロッパの中心辺りでだけのことだったりする。それは面積比でも人口比でも全世界のうちのほんの一部のことでしかない。今インターネットの時代になっても、世界で評判と言ったってインターネット上の片隅でのことでしかない。…

創作能力なく

絵を描くことも、工作することも、料理を作ることも得手になれず、創作意欲が湧かない。己の能力のなさにただただあきれるばかり。ぐうたらなものだから。

種を蒔く人に

「明日この世にいないとしても、今日私は○○する」人でありたい。すぐに結果が見えなくても、しばしこの世の一隅に居たことをとどめ置き。

見切りを

疲労困憊のまま春は過ぎゆく。 「今日だけ」「今だけ」と言って、それが毎日のようでは常態化です。ちっとも反省していない。どこかで見切りをつけなくては。

笑えかし

人はどうして笑うのだろう。笑うとどうして免疫力が高まるのだろう。ゴチャゴチャ言っていないで、ただ笑っていればいい。

意味のないマスク

もうマスクはイヤだ。マスクの中の口元が気持ち悪いし、メガネがくもる。こんな対策くらいで、どれだけの効果があると言うのだ。気休めでしかない。何ら防御になっていないだろうに。

春の風

春の風、強き日が続く。 目は見えているのか。空腹感はあるのか。声は出ているのか。睡眠は足りているのか。恋心は残っているのか。

嫌い

渋滞が嫌いで、信号待ちが嫌いで、人混みが嫌いで、家でじっとしていることもできない。 宴会自粛のこのご時世、公園には花見の家族連れがわんさかと。

良い習慣とは

運動を心がける。食事に気をつかう。娯楽を享受する。学習を怠らない。自然環境に親しむ。他人に関心を持つ。それができれば苦にもならないのだが。

言葉で激励を

言葉は美しい。だが、言葉はむなしい。言葉で勇気を与えることもできるが、知らぬ間に人を傷つけてしまっていることもある。それでも、言葉でなくては伝えられないこともあるから、諦めてなどいられない。

寛げる体勢

どうなれば、寛げる体勢になれるのだろうか。座っていても、横たえても、何だか安らげない。 ランチデイトに行く。 桜の開花が進んでいるらしい。

笑えない

馬鹿にしているのではありません。笑えないのです。あなたのせいではありません。私が楽しめないのです。 今日の食事は珍しく三食共ご飯系だった。

若気のいたり

若者の意見も行動もあまり評価できないことがある。でも、それを言っては前に進めないので、小言など言わずにじっと見まもることにしよう。いつかきっと主世代は代わって行くのだから。 日射しが暑い。

今何したい

今聴きたい曲、今食べたいもの、今観たい映画、今話したいこと、今行きたい場所、今会いたい人、今読みたい本、今したいこと。そんなもの分かるわけない。

体重は

毎日体重を測って見ても、それだけでは意識しただけでは体重は減らない。いくら栄養成分を学習して自分の身体に何がどれだけ適正であれば良いのかが理解できても、それだけでは食欲は制御できない。適正な体重にはなれない。そもそも体重だけで、健康状態の…

長生きは

戦争や疫病の流行は人口が増えすぎたせいなのか、と思えてしまう。 長生きは目標でなく儲けもの。 深夜、妻が玄関硝子戸のガラスを割る。酔っていたのか、腰が立たなくなっていた。外は冷たい雨だというのに。

自粛自粛

訪問も自粛だなんて、電話やメールだけで激励なんて、これからの時代にはどう活動を推進したらいいものやら。 もう、家でDVDでも観ているしかない。

テレビは見ない

テレビは見る気になりません。時間の無駄でしょう。もっと他にすべきことがあると思うのです。娯楽も知見も。

また忘れ物

今日もまた、忘れ物ひとつ。無駄な労力と言うべきか、必要な運動と言うべきか。

同じことの繰り返し

have a nice day 又は good night の代わりに今だけは「良いお年を」と、みんな儀礼的に言うのです。 昨日と同じような今日がまた始まる。年が改まったとしても同じことの繰り返しなのに。 今年のラグビーを一度も見ずに、年は暮れ行く。

男なんて

女の人は女でなくなってもいろいろ役立つこともあるけれど、男は男でなくなったらもう何の役にも立たない。この世での使命は終わったのだろうか。

未経験を開拓

図書館、レコード鑑賞、読書、協議会、DVD、物療 「一度でいいから何々したい」ってことが多すぎて、未経験を開拓することばかりに精出し。

たんたんと

時間に追われることも、時間を追いかけることも、もういいよ。時間は早くもなく遅くもなく、淡々と過ぎゆく。