体調

薬を止めてしばらくすると、便秘は解消されたが腹の具合はまだ不調続き。咳が再開し、花粉症もぐずついている。腰も相変わらず不安定だし、目も良くない。一つ治れば、また次に問題が発生する。上手くいかないものだ。

目の霞は普段進行を意識できないが、ある日ふと見えなさが拡がっていることに気づく。そうして段々と不便になって行くのだろう。 便秘が苦しい。気管支炎の薬の副作用らしい。

やっと病院に行く。どうにかインフルエンザではなく気管支炎の系統だった。2日間寝通して2kg痩せてしまった。右側に起き上がれない。明日も仕事を休むことにする。

やられてしまった。インフルエンザを疑う。39℃ すべての予定をうっちゃって、おしぼりを額にあて、寝込む。お粥を食す。 明日の予定も病院以外はなしか。 本も読めず、音楽も楽しめず。態勢が悪くとも寝ることしかできない。

風邪が抜けきらない。咳がする。喉がえずく。まさかインフルエンザでもあるまいに。ゴホンゴホンからゼイゼイに変わった。平熱より2度も高い。頓服を飲みひたすら寝ることにする。 親指の付け根が異様にこっている。旅行中に何をしたのだろう。 腹の具合も…

悪寒がする。風邪をひいたようだ。インフルエンザではなさそう。旅行前にこんなことではいけない。

何だか左太股に違和感あり。単なる季節の変わり目に対する反応か。よくもまあ次々と。

花粉症なのか。一気に春が来た。

下痢をした。肌荒れも。何か変なもの食べたかな。昨日ガーリック入り菓子を食べ過ぎたせいなのか。

右首の付け根から肩にかけてコリが激しい。どの生活習慣が不健全なのだろう。

左上腕に違和感あり。単なる風邪の予兆かと思っていたが、何だか違う。

腰の具合がまた不安定になってきた。これから動かなくては、と思うとこれだからなあ。

すっかり歩けなくなってしまった。そろりそろり動くしかない。

少し休んだくらいでは疲れは取れない。時間の経過が解決するのも事実でしょうが、足腰弱く目も弱く記憶力さえ弱くなってしまったようだ。

やはり顎の調子が何だか変だ。どうなっているのだろう。

歯の噛み合わせに力が入らないような気がする。気のせいか、それともまた何か。

楽な姿勢というものがない。座っていても寝ても。じっとしていることが難しい。

腰がつらい。身体を休ませたい。

断定はできないが、消去法でいくと緑内障の可能性が高い、とのこと。眼圧が正常なので、今はまだ治療に入れない。左目だけでなく右目にも兆候がある。早いか遅いかの違い。

左腿内側にしびれるような感覚があり。坐骨神経痛の関連か。

眼の精密検査は終了したが、結果として原因は見当たらないそうな。従って、治療方針が決まらない。間を置いてまた通院する必要がある。面倒なことだ。

このところなぜだか寝つきが極端に悪い。意識している以上に不安感が充満しているのだろうか。 眼の検査をする毎に、急に具合悪さが増したような気がする。失明の恐怖。一人の不便を甘んじて、それでも生きていくしかない。

昨日から生気が失せている。単なるヤル気の問題ではなく体調として。

初めて眼科医院に行く。大病院での精密検査へ行くことになる。どうも普通じゃないらしい。

熱がある。頭痛がする。喉が渇く。吐き気がする。何だかダルい。ゾクゾクする。お腹がゴロゴロ鳴っている。すべては生きている証拠。 大抵どこかに不具合があり、騙し騙し生きている。

日差し暖かく、冷たき風吹きすさぶ日になる。そしてついに花粉症の症状が出る。

左脇の辺りがピクついている。何なんだろう。

ついに我慢しきれず、歯科に行き神経を抜いてもらう。また一本失うことになるかもしれない。まだ食べ物をしっかり噛めない。

右手親指の先がひび割れてしまった。気になって仕方ない。

足の打撲の跡が痒くて痛む。歯茎が沁みて顔半分が痛む辛さ。安らげない。もうふて寝するしかない。