体調

暖冬です

散髪、ガソリン、鴨方での文化財講座へ。 このところ右手人さし指がシビれたようにひどく痛い。

夜には体調が

図書館、会合に。 夜には、やはり調子悪くて出かけられない。

やっと確定申告

確定申告提出、講座申込、歴史講座受講へ。 夜、布団の中で右胸の痛みに怯える。

岡山へ

電車で岡山に(アーカイブス、子規展、ビデオシアター、I氏賞選考作品展) 鼻水が多いのは、すでに花粉症の始まりなのだろうか。

会合ばかり

今日は会合ばっかりの一日だった。 小指の爪が割れる。耳の穴をほじくれない。

何としよう

夜中に吐き気がして不安を感じる。 髭剃り跡が気になる。爽快でないと。 車の運転中にふらつきがあった。何としよう。

胸痛

この胸痛は、食べ物のせいか体勢のせいか気分のせいか。心配させないでもらいたい。

腫れもの

背中と臀部に腫れものが。布かぶれだろうか。

体調いろいろ

体操をする時の、前屈とジャンプが難しくなってきた。 夜寝ているとき、口腔内が渇いてならない。口が開いたままなのだろう。 右足先がシビれたような感じになったのは、たまたまなのだろうか。

タイギー

ものを言うのはタイギーだ。でも言わなきゃ退化してしまう、悲しい現実がある。 相変わらずの鼻の違和感は、寒さのせいばかりとは言えないはずだが。 親指先のひび割れはこれからどうなることだろう。今はまだ痛くはないが。

今日も体調不良

イベントに自分のペースで参加するのは苦しくならないのに、型の決まった会合に自分を合わせるのは何て窮屈なのだろう。どうして体調不良になるのだろう。待ち時間が長いとやはり具合い悪くなる。もう好きにさせてくれ、と。 今日は背中が痛い。

右肩が人指し指が

レコード鑑賞、読書、八神純子病院慰問コンサート、書類作成。 右肩が痛いような。右手人指し指が痛くって。

腰の疲れ

腰の疲れとみに。そのうちに、動けなくなり、起き上がれなくなるのだろう。 義兄の賀状準備

この頃は

やはり、鼻はつまり気味でお腹がクチ気味で右脚に痛みを感じることがある。 もう機敏に動くことは出来ないのか。

薄い頭髪

頭髪が薄くなってきたとは自覚していたが、後頭部からカメラで写した人がいて、なるほど薄いやあと納得したやらがく然としたやら。しょうがない。 鼻の調子が変なのは、点眼治療のせいなのかもしれない。

左奥歯が

左奥歯の噛み合わせが痛い。腫れてきはしないだろうか。 探し物は出てきたが、紛失場所は予想と違っていた。

口が

気がつくと口が開いている。年寄りじみて。 足を組むのはやめよう。体勢が曲がってしまいそう。 来年のスケジュール帳を買い、レコード鑑賞へも。

腰が

今日は腰が不安げで、水をすくって顔を洗うこともピョンピョンと飛び跳ねることもツライものだ。

運転操作危険

見えずらさだけでなく、車の運転操作を誤ることさえママあることになってきた。 講演を聴き、レコードを聴く。買い物いろいろ。

鼻の具合

このところちょっと鼻の具合がおかしい。つまり気味のような。 感じ悪い。

やはり寝落ち

ひょっとして、ひと月ほど前から、ここ数年来ずっと続いてきている夜の早寝落ちが、少し弱まってきたのかとも思ったが、やはりここ数日ほど最近は寝落ちするようになった。 夜の車の運転は怖いけれど、少しは夜に動けるようにしておかなくては、とも思う。

古本売却

古本市に行った。古本売却にも行った。 知らぬ間に、左手小指の関節辺りを痛め、右膝を打撲している。膝が痛くて、歩くのに不自由しそうだ。

左腿の後ろ

夜には夏掛布団では寒くなり、毛布を出す。衣替えもしなくては、忘れていた。 今度は左足の腿の後ろがジンジンと痛い。椅子の生活態度だからか。

体重増

体重が増えてきた。しっかり食べているからか。

失明の覚悟

左目は失明寸前なのだろうか。車の運転が危なくて仕方ない。障がい者認定は受けられるのだろうか。悲観してはいけないが、覚悟はしておかなくてはならない。

痛痒い

あちこちの皮膚表面で痛痒い。虫に刺されたかのような、そんな過剰反応はないような。

右腕シビれ

右腕全体がシビれた感じに。ついに来たか。 雨の音なのか虫の音なのか、似た音が多過ぎる。注意力が過敏になって困る。

歩ける距離

何だか、歩ける距離がだんだん短くなってきたような気がする。5キロ・10キロが平気だったのに、もう2・3キロで疲れきってしまうようだ。

寝つけなさ

睡眠時間を記録しようとすると、だんだん寝つきが悪くなる。そんなバカな。8時間くらいは寝ていたと思うのだが、このところその半分ほどでしかないようだ。

下痢

冷たいものを食すと下痢してしまうのだろう。夏には必須なのだが。