体調

覚束ない

自転車を真っ直ぐ走らせることも覚束なくなってきた。車ばかりか自転車にさえ乗れなくなるのだろうか。

体温高め

ウォーキング、読書、図書館、ロビーコンサート、食料品購入へと。家庭訪問は延期に、体温高めで。

力が足りない

筋肉痛でもあるまいに。足腰の衰えかとも。自転車をこぐのにも力が足りない。

右足、声

やっと、右足の傷も癒えてきたようだ。 ますます発声ができにくくなってきた。

手が震えて

もう、まともな字は書けないのか。手が震えてならない。

吐き気

水氷る。ひび割れ怖い。吐き気がするのは、まともなものを食べていないせいか。身の危険性を感じる。 音楽図書室、ネットカフェ、川崎木工展へ。

爪の割れが

爪の割れが気になる。 手書き文字が震えて、読めないだろうな。

すり傷痛い

よそ見してたら、ケガをした。しばらく風呂にも入れないのか。

爪のところ

右足親指の爪のところが痛い。何だか変に踏ん張ったのかなぁ。

深夜に目覚め

寒すぎて、深夜に目が覚める。あるいは、不安感にさいなまれたからなのだろうか。 左目が何だか痛いような。腰もすっかり疲れている。寒さのせいか? 誰でも同じようなものかもしれないが。

薄傷が

右手中指第一関節の外膚が痛い。わずかな傷が治らないのか。

胸苦しさ

胸苦しさあり。食べ物の所為ではないと思うのだが。そんなに厚着もしていないし。 電車も待合室もバスも窓を開けているので、寒いったらありゃしない。

塗る間がない

働き詰めの右手親指にひび割れあり。塗り薬やクリームを塗る暇がない。

右膝痛

仕事中、右膝が痛くなる。原因も、見通しも分からない。

首がこる

扇風機掃除、物療、宝城会、など。 首がこるのは、寝転がった状態で本を読むからだろう。

長寝せず

長寝しなくなってきたような気がする。また一つ体質が変化してきたのだろうか。

右足に痛み

もらい物の酒を飲み、右足に痛みが走る。飲まなきゃよかった。因果関係のありやなしや。 腕が細くなってきたのか、ベルトが緩んできたのか。

下痢

もう冷たいものは飲まないようにした方が良いのだろうな。下痢となる。

ノドの奥

ノドの奥がいがらっぽい。 あと、何だっけ。

鼻水

鼻水が頻繁に。風邪でもあるまいに。

疲れきって

一日の仕事で疲れきってしまう。ヘトヘトフラフラだ。

左腿内側が痛

朝方は寒いくらいになってきた。 左腿内側がピリッと痛くなる 。

頭痛

夏も過ぎようとしているのに、頭痛がする。

痒い

皮膚のトラブル多々あり、あちこち痒くてならない。

右足の土踏まず

右足の土踏まずが痛い。一時的なものだといいのだが。 汗びしょの日は続く。

背中が

背中が痒い。腫れものができているようだ。 食欲が湧かない。水ばかり飲んでいる。買い置きしているお菓子がちっとも減らない。そのくせ、体重はむしろ増加傾向にある。

腰の具合がまた

ちょっと油断している隙に、また腰の具合が危険な状態になっている。

感染の拡大

鼻がまた、腫れた感じに。 ひたひたとコロナ感染の波が押し寄せて来つつある。

ノドの奥

寝ていると、ノドの奥が乾いた感じになる。以前から。

足腰の不安

仕事で車の頻繁な乗降時に腰が不安になっていたが、あまり気にならなくなってきた。鍛えられたのだろうか。