井原へ

車で井原に行く(緑樹園)

神戸へ姫路へ

新幹線で神戸市御影と姫路に行く(庭園見学、ミュージアムコンサート)

節々が

節々がこってならぬ。けだるくてならぬ。

勘違い

突然に、生活費をくれといわれる。6日前にあげたでしょ。どうかしている。勘違いだと。

福山へ

電車で福山に行く(城博物館、文学館、ばら祭)

プラチナウィーク

ゴールデンウィークならぬこのプラチナウィーク10日間のうちに、ライブやコンサートなど音楽鑑賞11件、講演会聴講2件、絵画展などの展示鑑賞4件、その他に出かけ、近場で済ます。

気にしているうちは

この道が気になり、その建物が気になり、あの女性が気になる。まだ、精気は失われていないということか。

成羽へ

車で成羽に行く(桃紅書画) 午後にはウォーキングの講座へ

分かっていない

頭で理解できたつもりでいても身体は分かっていない。身体で分かっても心が納得していない。何て理不尽で御しがたいんだ。

早寝早起き

早寝早起き、少しの運動、小食で満足し、好きなことして過ごす。 せかせかする必要がどこにあるのだろうか。 症状があるから薬を飲むのか、薬を飲むから症状が治まらないのか。

気になる

喉が、舌が、排泄が、腹の具合が、血流が、皮膚の表面が。身体の内面のどこもかしこも気になるばかりで、癌を疑ってみるかのよう。気にしてもしょうがない。

姿勢を正せ

姿勢が悪い。寝相が悪い。人相が悪い。肌が荒れている。それは身から出たさびというもの。

デートの前には

デートの前には爪を研いで、彼女に嫌われないようにしなくては。

京都へ

新幹線で京都に行く(古田織部、工芸繊維大学美術工芸資料、西陣織史料、市歴史資料、御苑) 歩いて歩いて二万歩に

吉備路サイクリング

レンタサイクルで風土記の丘を散策する。春風、心地よし。

幻想です

好きだとか嫌いだとか、振られたとか捨てたとか。そんな幻想はもういらない。 もうトランクスにしてもいいかな。

桜満開

桜満開の日曜日。県議選投票日。空は高く晴れわたり、絶好の行楽日和。今日も一人で徘徊チック。平穏な日常はどこにあるのか。

今日のあちこち

倉敷と岡山で(コレクション展、写真展、テンペラ画展、オリエント展、美術講演会) 風強く、クシャミする。

桜は

酒津の桜は三分咲き 花冷えの頃

卒業

またひとつ、仕事をやり終える。 春の風強し。

みんな苦しい

また兄嫁が悲鳴をあげている。介護疲れと財政難で。 首筋左辺りに痛みを感じる。心理的なものか、病理的なものか。

急がないで

急ぐなら、エスカレーターを歩くのではなく階段を使いなさい。時間ギリギリに車で駆けつけるのではなく、早めに着くように公共交通機関を使いなさい。人生は焦っても仕方ないものだから、自分のペースを乱さずにゆっくりと歩みなさい。

本の一日

古本市に行き古本を少し買い、新刊書店で雑誌を買い、図書館ではお勉強を。

背中が痛い

朝、寝ているうちに、背中の右の辺りがピリピリと痛みだした。レントゲン撮影では何ともないということだが、不安はかき立てられるばかりだ。

サカリの声

猫のサカリの声を聞く頃となる。春はもうすぐそこまで。

首が回らない

首の右の方が痛い。寝違えたのかと思ったが、どうやらそうではないみたいだ。スマホの操作が過ぎるのだろうか。

来るべき世界

「来るべき世界」DVD 大時代的かもしれないが、よくもこんな時代にこれだけのものが作れたものだ。造りがちゃっちいとか、予想が当たっていないとか、そんなことが問題なのではない。人の進歩なんてたかが知れている。人間性がちゃんと描かれていると思う。

花粉症の季節

来た来た、花粉症が来た。 寝ている時や人に話しかける時に、急に口中が渇くのは何故だろう?

神戸へ

新幹線で神戸に行く(切り絵アート、素描) 帰りは在来線で

またダウンし

筋力は弛緩し、内臓はグズつき、目は見えづらく、今夜も出かけられない。