冬の朝

屋根に積む白雪寒し冬の朝 防寒対策出かけし吾は

神戸へ

在来線で神戸に行く(藤島武二、エルミタージュ、香雪) 帰りは新幹線で

一応解決

財布は予想したとおり市民会館に置き忘れていて、事なきを得た。もっと注意しなくては。

広島へ

新幹線で広島に行く(広島城、映像文化ライブラリー、藤森照信展)

財布を落とした

財布を落としてしまった。物忘れもここまできたか。交番に遺失物届を出す。現金一万四千円とポイント二千七百円分とプリペイド七百円分があったはず。

今季の冷え性

今季の冷え性は今のところひどくない。何が功を奏したのだろう。

綺麗か

きれいとはほめ言葉でなくとりあえず言ってみただけ心にもなく

爪が割れ

爪が割れた。この虚弱さは、栄養が足りていないせいなのだろうか。バランスも悪かろう。

全くの自然

人工を嫌い、この方が自然に見えますよって、既に自然でないってことですよね。何も手を加えないままで、人が生きてゆける訳がない。現代人が、全くの自然の中では生きられない。

京都へ

新幹線で京都に行く(国宝展、広重浮世絵、パロディ木彫京都展) 一時間待ちだもんなあ。

夜明け前の寒さ

夜更けより夜明け近くの方が一層寒い。

また迷惑メールが

今日は迷惑メールが固まって8件来た。まったくどうにかならぬものか。いちいち設定しても、イタチごっこだよなあ。

風呂嫌い

また風呂に入るのが億劫になってきた。入る間隔が開き気味になっている。この季節、暖まって寝る方が良いのですが。まったく自制心のないことで。

総社へ笠岡へ

車で総社と笠岡に行く(聖鶴の書、総社文芸展、作陽ヤングコンサート、津雲貝塚の資料)

今日の間違い

今朝、すき家で卵かけご飯を食べようと出かけたのに、マクドナルドで朝マックのレジを済ませて、間違いに気がついた。自分は何をしようとしているのだろう。こんなものになってしまうのですね。

何が正しい

道義的に合っているとか、法律的に適っているとか、政治的に正しいとか言われてもねえ。どうなんでしょう。何かが、誰かが間違っているとでも言いきれるのでしょうか。

ボロは着てても

学生が制服を着る。成人男性がスーツを着る。そんな窮屈な当たり前を着たくはない。もっと自由に、もっと素直に。似合っていないとか、センスないなどと批評されたくない。ボロは着てても心は錦…じゃないけど。

ひなた

ひなたぼこ朝の冷たさ行き惑い光を求め温もり求め

左内股

今日は左内股にピリリと痛みが走る。無理な体勢はとっていないと思うんだけどな。 家でじっとしている訳じゃないし。毎日出歩いているのですがね。

今日の痛み

今日は左腕が痛い。まったく日替わりなんだから。いつもどこかしらに不具合が。

喉の渇き

夜中に喉の渇き。熱いような、嘔吐くような。このところとみに。

里庄へ井原へ

車で里庄と井原に行く(仁科会館、芳井歴史民俗資料館、華鴒美術館コンサート)

足腰の衰え

まったく足腰が弱ってきた。そのうち旅行にも行けなくなるのだろう。外出も億劫になるのだろう。そうして衰えて行くのだろう。

大阪へ

新幹線で大阪に行く(絹谷幸二、ゴルゴ13、文化庁シンポジウム)

井原へ矢掛へ

車で井原と矢掛に行く(上西竜二、田中苑、アニメコレクション)

宝塚映画祭へ

夜明け前の新幹線で宝塚に行く。初めての売布神社前。映画館で古い邦画3本連続鑑賞。体力の要ることで。

疲れて

私は疲れている。あまりにはかない人生というものに疲れている。薄情な世の中に疲れている。ありふれた自分に疲れている。昨日・一昨日の行動の疲労が残っている。朝早く起きたので疲れている。早く眠りに就こう。今日の悔いを思い返す前に眠りに就こう。

静岡2日目

クレマチスの丘に行く(IZUphoto、ヴァンジ彫刻庭園、井上文学館、ビュフェ) 大岡ことば館へも

静岡へ

新幹線で静岡に行く(パロディ木彫、デンマーク・デザイン) 風雨強し。 三島に宿泊

急かされ

信号に早く行けとば急かされて 疲れし足は休む間もなく