足腰の不安

仕事で車の頻繁な乗降時に腰が不安になっていたが、あまり気にならなくなってきた。鍛えられたのだろうか。

嫌いになる

雨に降られればその雨を、彼女に素っ気なくされたらその彼女を、人は恨むものなのでしょうか。

ブラックにしなくちゃ

登録アドレスからのメールしか受けたくないし、登録している番号の電話しか受けたくない。 このところ体重が増加傾向にあると思っていたが、そういえば砂糖入りの缶コーヒーを飲んでしまっているなあ、と思いいたる。ブラックで飲まなきゃ。

虫のような

顔頭の周りに虫が絡みついているように思えてならない。不潔なのか。

雨宿りし

雨の降りやむのを待つ心もち。急がず、焦らず。時間に追われまい。

情報過多に鈍感

情報がぜんぜん来ないのも困るが、有りすぎて重要性が薄れても良くない。

岡山へ

電車で岡山に(県立図書館、近現代建築展、おかやま鉄道展) 傘は不要だった。 NHKアーカイブスコーナーは、いつになったら再開してくれるのだろう。地元に帰って、院展へ。

社交的でない

新たな人間関係を作ろうと思ったりしたけれど、もう面倒だからやめにしておこう。自分らしく、慎ましく生きて行こう。今更、社交的になどなれはしない。

花の美しさは

花が美しく咲くのは、人の目を楽しませるためではないでしょう。その植物の命永らえるために、人は何の役にも立っていない。せめて邪魔しないように、と願うばかりだ。

寝違えたか

背中左側が筋肉痛っぽい。寝違えたか。車の運転に支障あり。 ピアノコンサートに行く。久方ぶりに。

刹那的

今だけ自分だけ良ければ、という考えは間違っている。刹那的すぎる。 菓子が底をつく。食料も在庫がない。

よく見えていません

晴れていても見えにくいし、暗くてもまた見えにくい。まともに見えている時があまりないということだ。 仕事帰りは自転車にて、ずぶ濡れとなる。

疲れた身体の回復は

疲れた身体を回復できるのは、 酒でもなくエッチでもなく博打でもない。休養というより、時間の経過が必要なのか。

レジ袋有料化

レジ袋を有料化しても、衛生面が心配だ。協力はしたいが、不便で疑問が残る。

虫さされ

虫に刺されること多し。ガマンして、受けいれるしかない。

トンネルで目が

今日もトンネルで目が不安定になる。できるだけ避けるしかない。

偏屈なり

する人少なければ、我してみん。皆がするなら、する気になれず。

考えていない

暗がりの中で、人生を見つめている風。実は、何も考えていない。何を今更。

余裕がない

余裕のない仕事時間、余裕のない人生の残り時間。何ほどのことが出来よう。

迷惑メール

確かに迷惑メールが増えているようだが、先日のメッセージが原因かどうかは定かでない。すぐに落ち着けば良いのだが。

岡山へ

電車で岡山に(県立図書館、丸善ギャラリー、幸町図書館) NHKアーカイブスコーナーはまだ再開していなかった。今夏初のチューハイを飲み、案の定、下痢となる。

不審なメッセージ

不審なメッセージが送られてくる。どう対処したものやら、分からないじゃないか。ややこしいことはしないでもらいたい。パスワードを変えて、メールアドレスを変えて、と言われても…。 室温32度。暑くて眠れない。疲れ過ぎて動けない。疲れ過ぎて眠れない。

息も絶え絶え

元気の基が欲しい。活力の源が欲しい。息絶え絶えに生きている。ああ、心臓に負担がかかっている。ただ祈るばかりだ、平穏無事であれと。 休み休み歩く。

目に悪い

Facebookで遊びすぎか。いい加減にしなくては。目に悪いことばかりしている。 しきりに、蚊に刺される。

イベントの再開

段々にイベントが再開しつつある。あまり大勢の中には行きたくないが、そこそこの集客がないと行事は成り立たないのかもしれない。

夏休み

夏休み1。古本市、図書館、車の点検、その他。

強い雨の日

強い雨が降った一日だった。仕事も多忙気味で。

朝は涼し

なんにも言いたくない日。そんな日もあるさ。そんな日ばかりだけれど。 朝は涼しかった。

ひび割れ

冬でもないのに、親指先がひび割れ気味になっている。 アイスクリームの誘惑に負ける。身体に悪いことは、得てして、精神的に心地よい。

風にあたる

扇風機の風にあたりながら寝ていると、鼻が詰まり気味になる。